ビタミンB群として、葉酸は水溶性な

ビタミンB群として、葉酸は水溶性なので水に溶けやすい特長があります。



しかも、熱に弱いビタミンなので食材を調理する手段によっては栄養素が半減することも考えられます。ならばと言って、非加熱の食材を大量に食べることはなかなか難しいですよね。

調理するときも、葉酸の性質を頭に置いてゆでる時間を最小限にするなど工夫をこらしていくのが食材から無駄なく葉酸を摂取する秘訣です。女の子を産みたいと思っていたため、本やサイトで男女産み分け法をとことん調べました。野菜中心の食事で女の子だとか、肉食だと男の子だなどとどこまで本当かと言いたくなりますが、がんばってできることを全て実践しました。


そうしているうちに赤ちゃんが来て、重いつわりで食べられなかったときも葉酸の摂取だけは続けていたおかげか元気な女の子が生まれてきたのです。
妊娠の判定が出た病院ですすめられて、私は葉酸が不足しないようにサプリメントを飲み始めました。
かかっていた病院では、葉酸はすぐにたくさん摂りなさいと強く言われましたが、サプリメントを飲む時期の終わりは一切話がありませんでした。


私の場合、1袋飲んだ後で葉酸サプリは一旦卒業しました。

けれども、妊娠中期から授乳中も葉酸が必要だという話を聞いて、今もサプリメントで葉酸を摂っています。
子供の発育を助け、先天性障害の発生リスクを抑える栄養素として葉酸は妊婦さんに広く知られています。
けれども、女性が葉酸を摂取し始めるのは、妊娠に気づいた後では遅すぎだという厳しい意見もあります。理由としては、妊娠が判明する前から葉酸が必要とされるので、その時から摂取していることが胎児の発育にとって重要となるためです。

理想的には、子供が欲しいと思ったら意識して葉酸を摂っていくことが肝心だと言えます。葉酸は、妊娠初期に摂ると良い栄養素だということは今や常識でしょう。それに加えて、妊娠の1ヶ月前から葉酸サプリなどの摂取を始めた方が良いということを理解していましたか?妊活を考えたときこそ意識して毎日葉酸を摂り始めたい絶好のタイミングです。

妊活開始を宣言したらどうやったら葉酸を摂れるか、考えてみてください。



そろそろ本格的な妊活の計画を立てているご夫婦は、まずはきちんと産婦人科で検査してみましょう。


そうすると、妊娠に相応しい体ができあがっているのか、あるいは先天的な問題が無いのかなどを早期発見し、早めの処置や対策をとれるので、妊活を始める前には、ご夫婦で不妊検査を受けてみましょう。

しっかりとした検査を受けておけば、安心して妊活に臨めますし、より健康的な赤ちゃんを授かる可能性も上がりますので、いいこと尽くしですよね。
妊娠の確率を上げるために心がけるべきなのが良質な睡眠をとることです。
ヒトは睡眠不足が続いてしまうと体内の活性酸素が増加し、それが原因で卵子であったり精子であったりが酸化されてしまい、劣化します。


歳をとるごとに性機能が落ちていくのをなるべく防ぐためにがんばって妊活をしている時は睡眠をたくさんとるよう心掛けてください。一見すると無関係なように感じますが、実際には、妊娠と歯の健康というものには密接な関わりがあるのです。

最近の研究からわかってきたのですが、歯周病は早産や低体重児出産の危険性を上げるそうです。
治療の中には、妊娠中には避けた方がよい方法もあります。現在、妊活中で長らく歯科医に診てもらっていないなという心当たりのある方は、出来るだけ早く、受診するのがベターです。
妊活中であっても、好きな飲み物がコーヒー系の飲料で、飲む習慣がある方は注意してください。コーヒーにカフェインが含まれていることはよく知られていると思いますが、このカフェインは、その作用の一つに「体を冷やす」というものがあります。

体が冷えることによって血液循環が悪くなると、子供を授かるのに大きく関わる子宮の動きが悪くなってしまいます。コーヒーが好きな人もいるかもしれませんが、摂取は控えめにした方がいいでしょう。


そろそろ赤ちゃんを、と考えているなら毎日バランス良く栄養を摂っていきたいとお考えでしょうが、特に葉酸の不足が問題で、胎児の神経系に先天性障害が起きる可能性が高くなってしまいます。そもそも葉酸はビタミンB群であり、水に溶けやすいので毎日補充しないと不足してしまう宿命を持つ栄養素でもあります。その名の通り、モロヘイヤ、ほうれん草といった葉物野菜、またレバーなどにもたくさん含まれています。


いろいろな食材から、毎日確実に葉酸を摂るようにしましょう。