お腹の赤ちゃんに神経系障害が起きるリ

お腹の赤ちゃんに神経系障害が起きるリスクを下げるために、他の栄養素にも増して、葉酸を摂ることが大事です。


あらゆる妊婦の葉酸摂取を最近になって厚生労働省でもすすめるようになりました。



上手に葉酸を摂るためには、平均的な食生活を送っているだけでは葉酸をたくさん摂ることはかなり難しいと言うべきです。サプリメントなどで不足分を補うようにして妊娠中の葉酸所要量を満たせるくらいは摂るように努めてください。妊娠初期に、特に大事な栄養素といえば葉酸です。



どうしてかというと、胎児の脳や神経系が盛んに形成される時期に、葉酸が順調に発育するのを助ける役目を果たしているのです。

どんなものを食べれば葉酸が摂取できるのか全く見当がつかない、毎日の献立の中に上手く取り入れられないというプレッシャーを感じるなら、栄養補助食品や葉酸を強化した食品で、集中して摂ることもできます。母体と胎児の健康のために積極的な葉酸の摂取を続けて欲しいと思います。



いろいろな事情で、妊娠してしばらくしてから、そういえば葉酸が十分摂れていないと気づいたとすれば葉酸摂取を早急に始めなければなりません。胎児が母体内で順調に育ち、無事生まれてくるには欠かせない栄養素が葉酸です。それまで摂取していた葉酸が十分な量ではなく、葉酸不足の心配があれば、できるだけ早く妊娠中に必要な量の葉酸を摂るようできる手段をとっていきましょう。妊娠初期には、葉酸の摂取が大切です。

では、いつまで葉酸を摂らなければならないかというと、理想的には授乳が終わるまでとされています。



なかなかそこまで意識できないかもしれませんが、少なくとも妊娠中期の終わりまでは多めの葉酸を摂り続けて欲しいと思います。

葉酸は赤ちゃんのために摂るだけでなく母体にも重要な役割を果たす栄養素なので欠乏しないようにがんばって摂るのが望ましいのです。
子供がほしいと思って妊活中ではあるけれど、コーヒーなどといった飲み物がお好きで、「よく飲んでいますよ」という方は用心しておいてください。


皆さんコーヒーにカフェインが含まれているのはご存じだと思いますが、体を冷やします。体の冷えによって血行が悪くなってしまい、妊娠の際に重要な子宮の働きを低下させることにも繋がります。

もしあなたがコーヒー好きでも、カフェインの過剰摂取には注意しましょう。

ここ数年でずいぶん知られるようになりましたが、妊娠中にとどまらず、授乳が終わるまで葉酸は大事な栄養素なのです。赤ちゃんは生まれてくると、活発に細胞分裂を行いながら人としての発達を遂げるのです。

その過程でたくさんの葉酸が必要になります。
また、産後の母体が回復するためにも葉酸が必要であり、母体にも、母乳を通して赤ちゃんにも必要とされることから、妊娠前から授乳が終わるまでぜひ葉酸を摂り続けて欲しいと思います。

下の子が出来ることを焦らずに希望してから3年たった後も妊娠に至らずだったので、自分自身か夫の体の状態に悪いところがないか気になりだしました。長女を育てるためにも元気でいなければいけませんので、この機会に徹底的に検査を受けて、問題がなければ妊活に入っていこうと話し合って結論を出したのですが、ふと考えるとこの話し合いが妊活を決めた瞬間になります。


不妊症から妊活を始めると、あまりにも長期戦となってきてしまうと心が疲弊していきます。そこで、期間を定めて、徹底的に夫婦で力を合わせて頑張ろうという風に事前に合意しておくのが理想的かもしれません。
期間を設けることで、二人で悩みながらも決めたことなので諦めずに取り組もうという前向きな気持ちが続くでしょう。妊活の最中はいつにも増して色々と配慮が必要です。
一例として、風邪薬を飲むことについては、それほどまでに心配する必要はありません。ですが、わずかでも妊娠に悪影響が及んでしまったらいけないと考え出すと止められない場合は、問題はないのかどうかを担当医とも相談してみることをおすすめします。



水溶性ビタミンである葉酸は吸収率が空腹時に高まることとなりいつ葉酸を摂れば一番いいかといわれると、それは食間が一番良いとされています。可能であれば、一日の所要量をいっぺんに満たそうと考えず、何回かに分けて摂っていくと効果はあるとされます。


また、一日の中では就寝前に摂ると、寝ている間に肝臓の血流が減少するため最もおすすめの時間帯です。