とりわけ妊活中は、出来るだけス

とりわけ妊活中は、出来るだけストレスを溜めこまないことが大事となってきます。その観点から行くと、バスタイムにリラックスすることは効果的ですがあまり負荷をかけない方がいいという点では熱めのお湯に長くつかるということは控えた方がいいでしょう。熱いお風呂は案外、人体に負担を掛けます。

妊活が長くなってくると、心も体も疲弊していきます。
ストレスは生殖機能に悪影響でそのままでは悪循環に陥ってしまう恐れがあります。それ故、いっそのこと妊活を休むのもいいかもしれません。。



現実に、休んでみたら妊娠できたという例はよく耳にします。ご自身の年齢や、医師と相談の上、いったん休むことも考えてみてはどうでしょうか。


果物の摂取は、妊活中の女性にとって、望ましいものであることは、世間でも良く知られています。
でも、どうせ食べるのなら、より妊活のためになるような果物の摂取ができたら一番良いのではないでしょうか。あまり知られていないのですが、果物によっては冷え性の改善が期待できるものがあります。
具体的に言うと、さくらんぼや桃、オレンジやりんご、ぶどうが当てはまりますね。生の状態でももちろん、ドライフルーツでも効果が期待できますよ。アロマには心身のバランスを良くする作用があり、この頃は妊活にも役立てられています。

中には待合室でアロマを使っているクリニックも存在しているほどです。妊活中の女性の人気を集めているのがローズのアロマです。ホルモンバランスの乱れを是正して、精神的なストレスを解消させる効果を持っています。不安感を解消させる効果があり、女性ホルモンの分泌を活発にするというイランイランも妊活中の女性に人気です。

赤ちゃんとお母さんのために、葉酸は必要な栄養素だと広く知られるようになりましたが、妊娠前に葉酸を摂取すると受精する確率と、受精卵が着床する確率も上がるのです。妊娠成立時はもちろんのこと、その前の着床時にも細胞分裂は活発になるため、多くの葉酸を使わなければなりません。



ということは、妊娠の成立にも葉酸は必要になりますし、お腹の中で胎児が健康に育つためにも葉酸を欠かすことはできないので、赤ちゃんを授かる前から、授乳が終わるまで葉酸を摂ることが望まれます。
ビタミンの一種である葉酸は、胎児の発育のために多めに摂ることを妊娠初期から心がける必要があるくらい大事なものです。数え切れないくらいのメーカーで葉酸の入ったサプリメントや薬を売っていますが、注意しなければならないのは、買うときに全ての成分をチェックすることです。特に、妊娠初期は身体が敏感になっているので添加物や香料が最小限に抑えられた、できれば無添加の安心して摂れる製品を選んでください。

基礎体温を上げる事や、代謝の活発化を図ることで妊娠しやすい体づくりに繋がります。



日頃から運動をしないという妊活中の女性は、出来るだけ、運動をするようにしましょう。身体に負担のかかる運動でなくストレッチまたはヨガなどのゆったりした動きのものが効果的でしょう。

この頃ではヨガのスタジオの中でも妊活ヨガコースというものがあるところも出てきており注目を集めています。受精卵の正常な細胞分裂に寄与し、妊活中の段階から十分な摂取が求められている葉酸についてですが、日常的に葉酸が含まれたサプリを摂取した場合の効能は病院などで血液検査を受ければ分かると思います。

さらに言えば、葉酸の値以外にもチェックする必要のある成分としてビタミンB12があるのです。


なぜなら、ビタミンB12は葉酸と関係があって、葉酸の過剰摂取のせいで、ビタミンB12が足りなくなっても判断しにくくなってしまう事があります。

赤ちゃんを待っている方は葉酸というビタミンの摂取が欠かせません。
最大の理由は、妊娠初期に発生する先天性の障害の危険を下げられるからです。



とは言え、過剰摂取が続くとまた別の問題が起きることが心配されます。子供に起きる問題としては、将来、喘息の発症を招くことがあります。



ですから、過剰摂取にならないよう気をつけてください。

パッと見では何の関係もなさそうなのですが、実は妊娠と歯の健康とには重要な関連性があることが分かっています。昨今の研究で、殆どの人が発症しているといっても過言ではない歯周病が早産や低体重児出産に関与し、リスク因子であることが明らかになったのです。妊娠していると治療に制限が出てきます。妊活をしていて、かつ、しばらく歯科にかかっていないという方はなるべく早く診てもらうことをおすすめします。