現在の日本で、先天性奇形の子供がど

現在の日本で、先天性奇形の子供がどのくらい生まれているかというと出生数全体の約4%とされています。


奇形を引き起こす要因は高齢出産などいろいろありますが、奇形の防止に効果が認められるビタミンと言えばビタミンB群の一つである葉酸です。ことに最も胎児の細胞分裂が盛んな時期、妊娠初期にきちんと摂ることが一番大事で、葉酸はあらゆる妊婦にとって一番大切な栄養素だと言い切っても間違いはないのです。

葉酸の性質として、水に溶けやすいということがあるので吸収率のピークが空腹時なので、葉酸を最も効率よく摂取できるのは食間が一番良いとされています。



一日の中で、必要な量を一度に摂ろうとするより数回に配分して摂った方がより効果があることが実証されています。一日の中でいつが一番良いかというと、肝臓の血流が減少する就寝中に効かせるため、寝る前に摂るのが最もおすすめの時間帯です。
妊婦が葉酸を十分摂れなければ、胎児に異常や障害が起こる原因となる危険性が増します。代表的なのは神経管閉鎖障害と言われる先天性異常ですが、そうした神経系の障害を招いてしまうこともあり重い障害の例では無脳症となって、最終的には流産や死産になるのです。


発育を阻害する要因を取り除くためにも妊娠初期のうちに葉酸を必要とされるだけ摂るように努めましょう。そろそろ赤ちゃんを、と考えているなら栄養不足にならないよう注意したいものですが、細胞分裂が活発に行われる妊娠初期に葉酸が不足すると、生まれてくる赤ちゃんに先天性障害が起こる危険が高まります。葉酸はビタミンB群なので、水に溶けやすく体内に蓄積されにくい性質を持った栄養素なのです。葉物野菜、例えばモロヘイヤやほうれん草はもちろんですが、果物やレバーなどにも多く含まれている栄養素なので、その他の葉酸が多い食材も調べて、毎日食べるようにしてください。

受精卵や胎児の細胞分裂を促す働きがあるため、妊活の必須アイテムとも言われるのが葉酸です。

サプリを利用した摂取効果は血液検査で容易に調べられます。



それから、この葉酸の値と同時にチェックしておきたい値としてビタミンの一種であるビタミンB12があります。


葉酸の過剰摂取の結果、ビタミンB12が不足したことがはっきりしない場合があるので、注意が必要です。

もし、妊活をしているのなら、色々と配慮が必要です。風邪薬の服用については、それほど深刻な影響は及びません。



ですが、少しでも妊活に悪影響を及ぼさないか気になると気になってしまうのなら風邪薬の服用の可否を、担当医とも相談してみることをおすすめします。
妊活で必要不可欠なことといえば基礎体温の測定を行うことです。基礎体温を測って分かることは身体の状態の把握が可能となり、状態として妊娠しやすいかどうか、その時点での妊娠の可能性や排卵日がいつかなど重要な情報を知ることができるでしょう。
それから、基礎体温は起床直後の体温を測ればわかり、起床後すぐに測るのがポイントです。



葉酸が妊婦に不足しがちということで、妻は妊娠がわかった直後からサプリメントを飲んでいます。正直、自分には関係ない話だと思っていましたが少し分けてくれないかと妻に聞いてみると、「男性が飲んでも意味がない。



妊婦と赤ちゃんのための葉酸だから」と相手にされませんでした。
しかし、決められた量なら飲んで悪いことはないだろうと自分も葉酸のサプリメントを飲み始めました。
劇的な変化はありませんが、飲んだ翌日もお酒が残ることがなくなり、口内炎を起こすことが少なくなってきました。毎日葉酸を摂取するといってもその方法は実に多様です。いつでも誰でもできそうなのは葉酸が豊富な食材を、毎日食べることです。

ただし、葉酸には加熱で失われるという性質があり、妊産婦に必要な量の葉酸を摂れるように食べていくのはよほど毎日工夫をこらさない限り難しいでしょう。葉酸の摂取量を確保するためにも、補助的にサプリなどを使うのがおすすめです。

飲むタイミングは、食事の後が一番良いとされます。

毎日あわただしく過ごしている妊活中の女の人に脚光を浴びているのが、妊活アプリなるものです。



基礎体温のデータを保存することが出来たり、おおよその排卵日を予測することが出来たりとアプリを上手く利用すれば役立つツールとなります。女性のみかと思われるかもしれませんが、男の人が利用する目的で作られたアプリもあります。
いつが妊娠しやすい日なのか予測する機能も持っているので最良のタイミングをそれとなく男性におしえてくれるでしょう。